カテゴリ:せろりの想い( 19 )

婚約者の夢。

 



  『なんで 結婚を決めるまで 3年もかかったの!』


f0112080_2313213.jpg

   

って、夢の中で 私に おこられたんだって。



f0112080_23142448.jpg

 
  


でもね、


   私は、 このタイミングで良かったって 思っているよ。


   あのとき あわてて結婚してなくて よかった って思っているよ。

   3年間 暖めて お互いの愛は 本物になりました。

   早く オレゴンの空を 一緒に仰ぎたい。
[PR]
by celori20 | 2012-05-20 23:16 | せろりの想い | Comments(4)

標語。

散歩の途中、小学校の前で見つけた、
どこにでもあるような、「あいさつしよう」 の 標語。

f0112080_22363026.jpg



5年間のアメリカ滞在を終えて帰国して以来、

こういう標語を見ると 


違和感を覚える。


なんとも、未だに残る 逆カルチャーショック。



アメリカだと、

たくさんの人が 笑顔で 元気に 自分から 

知らない人にまで あいさつをします。

だけど、こんな標語 立てられてるの 一度も見たことがない。



     ガンバレ 日本 !!
[PR]
by celori20 | 2012-05-19 22:45 | せろりの想い | Comments(2)

いよいよ再開へ。。。



お久しぶりです。
せろりです。

あれからちょうど3年。
せろりは帰ってまいりました。

ブログ再開へむかって、準備中であります。
またまた、せろりの人生、おもしろいことの始まりのようです。
幕開けまで、今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。

せろり
[PR]
by celori20 | 2012-04-14 01:27 | せろりの想い | Comments(2)

しばらく、


 ブログお休みします♪

 元気ですよ~。風邪もひいていないし。

 気まぐれなので、また突然復活、というのもなきにしもあらず。

 友達のみんな、いつも読んでくれてありがとう。

 細かい近況は、メールしやっす~~。

 まっじで、みんなが恋しい、会いたい!!
[PR]
by celori20 | 2009-05-30 06:11 | せろりの想い | Comments(5)

 やっぱり、、、

 私、男に生まれればよかったぁぁ。。。。


  久々に想ってしまった・・・。
 
 
 私は男性の敵か・・・・?


  そんなはずない。。。。


     

   『自分のことは自分でしなさい、

          人に頼るな、甘えるな』 
  
    と、

 
  母は毎日険しい顔で労働に明け暮れ、

  彼女のいつ起こるかわからないかんしゃくにおびえ、

  一人ぼっちで、生きる道標を探していた小学生の頃、


  『 自分を守れるのは、自分だけだ 』  


    と  悟り、決意をした。

 

 そんな頃に、そんな悟りをひらいてしまったらぁぁ、だれでも強くもなりますわ。 
 

 20代を生きながら、母の(厳しさの)おかげでこんなに強くたくましく成長できた、

 と誇りにも思えたことが、

 この手紙(&結果)をもらって、なんとも複雑な心境。。。。

 
 
   30半ばを過ぎた今、

 
 母もきっと辛い幼少時代を送ったのだろうな、と、

 二度と知ることのできない彼女の過去の想像にふける。。。

 

 
 もし可能なら、幼い頃の母と自分を思い切り抱きしめてあげたい。

 

 今は、少しずつだけど、前に進んでいるよ。。
 

初恋の人からの手紙。
[PR]
by celori20 | 2009-03-16 20:15 | せろりの想い | Comments(13)

飛行機雲。

f0112080_1524740.jpg


    仕事から帰ってきて自宅前。

f0112080_15243619.jpg


 日本にいる、お父さん、友人達のことを想った。

 みんな、元気かな。

 
[PR]
by celori20 | 2009-02-11 15:24 | せろりの想い | Comments(7)

クリスマス・プレゼント


小さい頃、

毎年、クリスマスの時期になると憂鬱で仕方がなかった。。。


f0112080_22485250.jpg



だって、
私のところには、いっつもサンタさんは来なかったから。


近所の子どもたちや、同級生たちが、
うれしそうにクリスマスプレゼントの話をしているのを聞くのは、

『苦痛』意外の何ものでもなかった。


f0112080_22493198.jpg

 
    『私が悪い子だからなんだ、だからサンタさんは来ないんだ 』、

 
  って思ってた。


f0112080_22501250.jpg

 どうしたらいい子になれるんだろう、って、

 そうしたら、サンタさん、来てくれるかなぁって。

 毎年、空を眺めていたよ。

だけど、サンタさんが来ることはなかったんだぁ。
?来ていたのかもしれない、、、、でも何の記憶もないんだぁ。

f0112080_2251119.jpg


30を過ぎて、
親しい友人たちが母親になり、子ども達のサンタさんになるようになって、、、


 『プレゼントを手にした子どものあのうれしそうな顔を見たら、
  
   全て嫌なことを忘れられる、
 
   来年もまたがんばろう!!って思えるんだぁ~』

f0112080_2252384.jpg

  お母さん、

これがクリスマス・プレゼントの本当の喜び、幸せなのだなぁ、と、
やっとわかるようになったよ。

私はきっと、
子どもたちの『とびっきりの笑顔』をプレゼントしてもらえるサンタさんになろうと、

 
  そう思うんだ。

f0112080_22522568.jpg


写真:ユニオン・ステーション
出演:西ピー&サムライ

[PR]
by celori20 | 2009-01-03 22:52 | せろりの想い | Comments(4)

コーヒータイム。

f0112080_19402317.jpg


     『コーヒーのみに行こう』

と、最近落ち込みがちのロクからの誘い。


この日のポートランドはものすごい暴風雨で、
日も暮れていたし、なんとなくおっくう、、、、と思いつつ、


いや、ロクへの元気付けだ、


      『うん、行こうか』、


  と出かける準備。




f0112080_19443473.jpg

会話の途中、
テーブルの上に無造作に置いてあったロクのかばんの間に見つけた本。


     『禅と恋愛術』


     ??・・・・禅・・・?こんなの読んでんだぁぁぁ。


金髪ロン毛、アメリカ生まれのギター弾きロックンローラーが、
東洋の精神を読んでいる。

カルマの法則、
自分の蒔いた種は自分で刈り取るのだよ。。。



そして私は今、西洋の、夢実現、幸福を手に入れるための教本を読んでいる。

アインシュタインやニュートンが
どうやって自分の発明を確たる成功へと導いたのか、、
そして、シェークスピアやベートーベンがなぜあれだけの人を感動させる
台詞や楽曲を生み出すことができたのか。

f0112080_19513838.jpg


  
     思わず、ふたりで顔を見合わせて笑った。。。


  

  
  どんなに難しい精神論や哲学を読んだり語ったりしたところで
  人間の根底にあるべき、目には見えない大切なものはどこの国も同じで
  それは世界中のどんな複雑な理論も教えも越えるんだ、と感じた。

  だって、
  家族、友人や恋人、大切な人と一緒に過ごす時間を
          
             『幸せだなぁ』、
  
  と思う気持ちは、
  アメリカでも、日本でも、ヨーロッパでも、アフリカでも、中東でも、
  みんな同じように感じていると思うから。
  そんな、単純なことなのになぁ。。

友人のためと思って出かけた先のなにげない会話で、
新しい想いを見つけたり、忘れていた想いを思い出し、また考え直したり。
これがいろんな人と話すことの醍醐味。

More この翌日。
[PR]
by celori20 | 2008-11-15 19:42 | せろりの想い | Comments(10)

学び舎。

 Ms.Nola Ochs や 私は、 『学ぶ』ために大学進学という道を選んだ。

 その目的は、自己啓発だったり、
     
 専門知識、技術を磨いて、スキルアップ、キャリアアップへとつなげたり、

 いろいろだと思う。


 だけどそれは一つの『学ぶ』手段であって、
 進学することだけが『学ぶ』ことではないと思う。

f0112080_14245865.jpg
 
 
 毎日生きている中で、


 『これって何だろう』

 『どうしてうまく行かないんだろう』

 『どうしたら、解決できるかな』

 
  と感じたとき、そしてその答えを追求し始めたとき、

  人はみな、学んでいるのだと思う。

  それがたとえ小さなことだったとしても、人はみな学んでいるのだと思う。

 今、自分が生きている場所それぞれが、それぞれの学び舎なのだな。
[PR]
by celori20 | 2008-09-22 14:25 | せろりの想い | Comments(8)

2016年1月に突然ハスキー犬がやってきた!毎日ポジティブに楽しく生きること考えてます〜♫


by CERO