カテゴリ:日本語教師( 21 )

テスト。

日本語の授業が始まって2回目のテスト。

今回のメインは、

 *家族  
 
       おじいさん、
       おばあさん、
       おとうさん、
       おかあさん、  など。
f0112080_14583066.jpg

  *色   
       あか   きいろ
       あお   ちゃいろ
       しろ    みどり
       くろ    むらさき  など。

 
  *形容詞
      おおきい    
      ちいさい
      さむい
      あつい
      おいしい
      おもしろい   など。

  *ひらがな 
      全部。
      最後は、短い文章を読んで英訳する問題。
f0112080_13245122.jpg

  

私の勤める高校は、

クォーター制と言って、

1年間が四つの学期に分けられています。

9月の初めに始まった一学期は、
今月末で終了。
f0112080_1543815.jpg

今週末、先生達は成績表を作るのに精を出します。
[PR]
by celori20 | 2008-10-29 13:25 | 日本語教師 | Comments(10)

神経衰弱。

ひらがな神経衰弱をする生徒たち。

f0112080_13461457.jpg



ひらがなを全部ワードに打ち込んで、
切り抜いて、画用紙に一枚一枚貼り付けた。
しかも、2回!
f0112080_13525622.jpg


なかなか面倒だった、この作業。。。。。

が、生徒達には大好評でして、、、、

みんなお気に入りのゲームです。
ひらがなも覚えられるし、一石二鳥。

ルール。
普通の神経衰弱と同じ。同じひらがなのカードをめくる。
マッチングが成立したとき、そのひらがなを発音できなければいけない。
発音できなければ、ポイントならず。

『ぬ』 『め』 
『ら』 『ろ』  『る』
『れ』 『ね』 『わ』

  などは混同しやすいようで、みんな苦戦してました。

f0112080_1347749.jpg

『む』をゲットし、うれしそうなポールくん。
[PR]
by celori20 | 2008-10-28 13:48 | 日本語教師 | Comments(6)

体育の日。

10月13日。
f0112080_163465.jpg


 
 『今日は、Sports Day という祭日で、
  日本は学校も会社もお休み』




 

 



『えーー、

  これ日本語の授業だから、
  ってことは、俺達も休みだぁ、帰ろう~~~、』


 

 

 No Way ~~!!!! 

    ここはアメリカだ・・・・・・、

     この、 たわけっぇ。


つづき。。。 More
[PR]
by celori20 | 2008-10-16 15:28 | 日本語教師 | Comments(15)

邦画鑑賞②

どうも、おまたせしました。
『海猿』、全て見終わりました。

f0112080_13293567.jpg


生徒たちの滑稽なコメントの連続で、
教室の後ろで笑いをこらえるのに必死だったり、
意外なコメント、反応に 『え、なんで?』って思うことも。

日本人の話す日本語、コミュニケーションを見てもらおうと思っての
今回の映画鑑賞だったのですが、

後で思えば、私が学ぶこともたくさんあった鑑賞会でした。

f0112080_13361381.jpg

映画の中で、役者さんたちが、じーと見つめあったり、
独りで何かを思いふけったり、沈黙がところどころあるのですが、

この 『間』 というものは、生徒たちにはなかなか理解できなかったようです。



日本人のコミュニケーションの形態の中に、

言葉を言わなくてもわかる、

 つまり、『つうかあの仲』 とか、『以心伝心』 とか、

 『あの人は空気を読める、読めない』 

    という表現もありますよね。



欧米人にしたら、

    『なんで何も言わなくてわかりあえるんだ、
           
          空気を読むって、空気には何も書いてないぞ』
 
                          ってなるわけです。


この違いは、それぞれの言語的要素の違いもあるのですが、
もうひとつ、『自己』の概念の差も出てきています。

心理学者のユングが言っていますが、
欧米の『自己』とは、それぞれの『個人』がまったく別々のもので、
このそれぞれの『個人』の間にものすごく距離がある。
もちろん、この『距離』は物理的ではなく、精神的なもの。

人は、みんなそれぞれ違う経験、個性、価値観がある、がために、
その『違い』の存在を理解したうえで、
その距離を埋め、お互いを理解していこうという目的の下に
『コミュニケーション』というものが生まれました。

違うもの同士が『距離』を縮めて解り合っていこうという道具が『言葉』です。
『理解』のためには、『言葉』が絶対必要不可欠なわけです。


再び、心理学者のユングが言っていることですが、
(もしくは、日本の心理学者、河合 隼雄氏だったかもしれない。
 今、文献が手元にないのでちょっとわかりません、すみません)

 『日本人の『自己』というのは、他人の『自己』と近接している。』

以前に、このユングが説いている『自己』を図にしたものを見たことがあるのですが、
他人の『自己』とほぼくっついていました。
(興味のある方は、調べてみてください。)

なので、人と同じように何かをしたり、考えたりすることで、そこに安堵感が生まれ、
『自己』も成り立つ。
自分がうれしいことは、きっと他人もうれしく思うだろう、
自分が悲しいことは、きっと他人も悲しく思うだろう。。。。という
潜在意識が強く成り立つと思います。


この概念から、『言葉』という道具がなくても、

   『解りあえることもできる』、

こともあるんだろうな、

実際に『コミュニケーション=communication』という言葉は
もともと日本語にはなく、
きちんとした日本語に訳すのもちょっと難しいです。
『言葉』がなくても解りあえる歴史をもっていますからね。

いくら『個人』がまったく違っている欧米人だからといっても、
日本人と同じ、ある程度の経験を積んでいる大人であれば、
人の気持ちを配慮したり、共感したりということはあります。
(シンパシー=sympathy 同情、共感、共鳴)

だけど、その共感や共鳴にも必ず『言葉』が存在して、『沈黙』はない。



映画のシーンで、何回も 『間』(沈黙) があって、
お互い同じことを感じあっている、
日本人が涙をしたであろうシーンは、
我が生徒たちにとって、

  









格好の雑談タイム

    
   と化していました。  笑~。



女子生徒が何度かイライラして、
  
     『なんで、だまっているのー、
     なんか言いいなよー、
     次のこと早くやろうよ!
     そんな見つめ合ってる時間ないよ!』
   

         って発狂してました。 笑笑~。


f0112080_13383276.jpg

この、『間』について、映画を見終わってから少しずつ自分なりに分析したので、
生徒達に話す機会を逃した。。。
この内容をとっさに話せない、自分の英語力不足も実感。

次もまた邦画鑑賞を考えているので、もうちょっと準備して臨まないとな、
と勉強になりました。


*せろりから一言*
下に生徒たちのコメントを載せましたが、
彼らは正直に思ったことを発するアメリカ人でして、
海猿ファンでこの映画が大好き、大切にしているという方達は、
このコメントを読まないほうがいいか、と思われます。
一応、伝えておきます。

生徒たちのコメント。
[PR]
by celori20 | 2008-10-10 06:35 | 日本語教師 | Comments(19)

邦画鑑賞。

言語教育の現場では、
まずその言語の音に慣れる、というのが不可欠でありまして、
生の会話を聞くというのは、とても大切な学習方法の一つ。
聞き取り能力は、会話力へと直結しています。

洋画を観ながら
英語の聞き取りや英会話の勉強をしている人はたくさんいると思います。


私のクラスは
まだ簡単な基礎表現しか学習していないので、
映画やドラマで聞き取りの練習ってとこまではいかないのですが、



今回の目的は、
生の日本語をきいてほしいというのもありましたが、

プラス、

日本人のコミュニケーションの形態を見てほしいというわけで、



今日の授業は 邦画鑑賞。 


ちょうど、英語の字幕つきのものをレンタル屋で発見。

  


        『海猿、Limit of Love』
f0112080_15305592.jpg





彼氏彼女とのやりとり、上司と部下のやりとりなど、
アメリカのコミュニケーションのし方とはかなり違うはず。

それから、Nonverbal communication (ノンバーバル・コミュニケーション)

と言って、
言葉を発しないコミュニケーションの方法。

たとえば、顔の表情、手の動き、声の大きさ、会話での間の取り方など、
つまりボディーランゲージ、ですね。



映画を始める前に、生徒たちにそのうまを伝え、
あとは、自由に意見質問をするように話して、

映画開始。


さすがアメリカ人です、我が生徒たち。。。。

予想通り(笑)、
『自由な発言』の連続でした・・・・。

詳しくは、こちらへどうぞ。
[PR]
by celori20 | 2008-09-28 15:31 | 日本語教師 | Comments(13)

お昼ごはん。

日本では、小学校から中学校まで給食があります。

給食センターで作った食事を学校に運んで、
生徒たちが当番制で配給し、教室でみんなで食べる。
(今でもそうですよね?^^)

私の勤める学校は、幼稚園から高校までありますが、
全員、(幼稚園はちょっとわかりません) 学食に行きそこで食事を買います。
メニューもいろいろで、ピザ、ハンバーガー、サンドウィッチ、など。

好きなものを選んで、
各自好きなところで、友人たちと食事をするシステムになってます。

職員ももちろん食事を買えます。
しかも、安い。

f0112080_12242035.jpg


この日の私の選択は、

チーズバーガー。
このバーガーを選ぶと自動的に、サラダとジュースがついてきて、

お値段、2ドル70セント。  300円くらい。


そして、何よりも、おいしい♪♪


アメリカ料理、とくに、バーガー類は大好きなわたくしであります。。。


***************************

今日のポートランド。

最高気温 28度。
最低気温 12度。

 夜は、フリースの毛布と布団をしっかりかけて寝てます。
[PR]
by celori20 | 2008-09-28 12:27 | 日本語教師 | Comments(12)

職員室。

f0112080_1251378.jpg


日本の学校には必ず職員室があって、
その前を通るだけで、なんとなく緊張したものですが。。。。
何かの用事があって、

  『失礼しまーす』  

 と入り口で大きな声で言って、中に入る。

 先生達がずらーっと並んでいて、
 制服や頭髪をチェックされてるんじゃないか、って
 ヒヤヒヤしたのも、今では懐かしいですが。。





アメリカの学校には、職員室がない。
先生は、自分の教室を与えられて、そこに自分の机がある。

授業になると、生徒たちが教科書を持ってその教室にやってくる。
終わると次の授業の先生の教室に移動していく。

先生同士の連絡は、各教室にある電話。
あとは、メールでやりとりっていうのがほとんど。

私も自分だけの教室がありまして、
そこに電話、プリンター、インターネットのケーブル、全部私専用であります。
パソコンは自分のこのラップトップをいつも持って行っています。

ただ、私の教室、






     妙~~に広い。

  

  そこにポツンっと一人でいると、なんだかちょっと寂しくもなりますが、
  音楽かけながら仕事できたり、ゆっくりランチしたり、居心地もいいでっす。

 これから冬だけど、寒そう、この教室。。。。。

我が生徒たち。
[PR]
by celori20 | 2008-09-28 12:12 | 日本語教師 | Comments(9)

最後の授業。

オレゴンは、まだ寒いです。

f0112080_634832.jpg

f0112080_645435.jpg


今日の最高気温、12度。

マフラーをして、
日本語教師、今年度最後の仕事へ向かう。

期末テスト。。。。


わりと簡単な問題で点数を取りやすくしたのですが、

 テスト中、ため息の嵐でした・・・。


テストの一部。
f0112080_6193758.jpg


長文問題が難しかった模様。。。。

よくがんばりました。。。

P君、卒業おめでう。
[PR]
by celori20 | 2008-06-06 06:05 | 日本語教師 | Comments(9)

拗音=よういん

日本語のレッスンをしている、我が生徒、ペイくん。

ここ2週間くらいの授業内容。

  *~が、すきです。
  
     バスケが、すきです。
     かのじょが、すきです。
     みずが、すきです。  
                   などなど 言えるようになりました。
  
  *~を、~たいです。
 
     ピザを、たべたいです。
     あたらしいくるまを、かいたいです。
     かんこくへ、いきたいです。
                       などなど。





 ちょっと前に、単語練習をしました。

 
f0112080_12213429.jpg


  お茶=おちゃ、が、おちぁ

  になってました。

  拗音(きゃ、きゅ、きょ、しゃ、しゅ、しょ、など)の指導不足を感じた時でした~。
  ^^;
[PR]
by celori20 | 2008-03-21 12:21 | 日本語教師 | Comments(2)

『ふん』と『ぷん』

 ひらがなを全部覚えたペイトン。
  カタカナもあともうちょっと。

  今は、時間の言い方を練習中。

  5で終わる数字は、『ふん』
f0112080_18371510.jpg

  0(ゼロ)で終わる数字は、『ぷん』
f0112080_18381185.jpg

  理屈は解っていても、実際口に出すのはなかなか難しいようで。。。
  私達が英語をスラスラと口に出せないように。。。

  せろり  『いま、なんじですか』
f0112080_18385838.jpg

  
  P  『・・・・ニジ・・ゴプン!

  顔を真っ赤にして、頑張ってます。

  
[PR]
by celori20 | 2007-10-09 18:27 | 日本語教師 | Comments(8)


2016年1月に突然ハスキー犬がやってきた!毎日ポジティブに楽しく生きること考えてます〜♫


by CERO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

> のっちんさん なん..
by celori20 at 22:19
あんな目で見られたら、ご..
by のっちん at 19:21
> のっちんさん そう..
by celori20 at 21:40
なつかしい~こんなに小さ..
by のっちん at 18:13
> のっちんさん 気持..
by celori20 at 07:24
これだけ広いところで遊べ..
by のっちん at 18:56
> のっちんさん そう..
by celori20 at 20:38
怖いわwww
by のっちん at 18:59
> のっちんさん わか..
by celori20 at 21:13
ハッピーハロウイン♪ ..
by のっちん at 16:48

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル