カテゴリ:未分類( 42 )

ESL  第二言語教育。

English as Second Language.

第二言語としての英語、という意味です。

アメリカには、自分の母語(第一言語)を持ちながら移住をし、
英語を第二番目の言語として使いながら
生活をしている人がたくさんいます。

私は日本人で日本語が母語。
大学院での勉学のために、今アメリカに滞在しながら英語を使っているので、
私にとって英語は第二言語、ということになります。

(*日本人が日本国内で勉強している英語は第二言語ではなく、外国語。
  第二言語と外国語は概念がちと違います。)

アメリカにやってくる人たちの目的は、移住、就職、留学とさまざまで、
英語がままならず、生活ができない、仕事を探せない、進学できない、
という人たちのために、
たくさんのESL教育機関が全米各地にあります。

いわゆる、外国人用の語学学校です。英会話教室ともいえる。。。

この機関は、だいたいの小学校~大学などに併設されていて、
生徒たちの出身国もアジアからヨーロッパ、南米と、さまざま。
夏休みなどを利用して、
短期間で英語の生活にどっぷり浸ろう~って、学生さんもたくさんいます。

読み、書き、聞き、話し、の4技能を習得するべく、
生徒たちは日々努力をしているわけです。


このブログを書き始めてから約一年半、
あまり私の専門についての話をしたことがなかったのですが、

私は、このESLの機関で英語教師として教壇に立ち、
生徒たちが不自由なく英語圏内で生活できるよう指導をするための修士号学位取得を目指し、
日々励んでおります。
その内容は、
  
  第二言語習得理論
  第二言語学習者心理
  第二言語習得における脳の働き
  英文法、英語言語学
  教授法(教え方)
  評価法(採点の仕方)
  
           などなど。

今日は、ある大学内にあるESLの教室を見学してきました。
この教室に深い興味を持った理由は、
生徒たちの中に、外国から送られてきた難民たちが何人かいた、ということ。
(アメリカ政府は毎年多数の難民を他国から受け入れていて、
 彼らの英語学校への資金負担も協力している。)

難民者たちは、移民者たちとは渡米に対しての境遇が違うため、
英語習得においても大変な面が多い。

この内容は、また別の機会に書きます。長くなりすぎるので。。
とりあえず、授業風景をどうぞ。↓ 

f0112080_1763063.jpg


スキ(台湾)、私のクラスメート。只今、教育実習中。
f0112080_1771167.jpg

f0112080_178365.jpg

f0112080_1783992.jpg

f0112080_179857.jpg

f0112080_1795473.jpg

f0112080_17102934.jpg

[PR]
by celori20 | 2008-06-05 17:15 | Comments(8)

女か、虎か、 結末。

おまたせしました。
生徒たちが考えた結末を紹介します。
物語の詳細は、前々回の日記、
The Lady, Or The Tiger? (女か、虎か)
の中で書いています。

  と答えた生徒たちの結末。      
     *青年は虎と戦い、その勝負に勝つ。その後、王女と会うことができる。
       王女がなぜ虎の扉を選んだかは、
       青年がどれだけ強い男なのかをためすため。

     *王女は本当に青年を愛していなかった。
      そう見せかけておきながら、、どこかで青年を憎んでいた。
      なので、虎と戦わせて殺す。

     *扉から出てきた虎は、実は、その王女に育てられた虎で、
       青年とは戦わず王女のもとへ青年を導き、
       2人はハッピーエンド。

     *出てきた虎は、子供の虎で、青年は小さな虎と戦い勝つ。
       そして王女と幸せに暮らす。
       物語というのは、ハッピーエンドであるべきだ。

     *青年は虎と戦い、青年と虎の両方が死ぬ。

     *王女は青年がほかの女と結婚をし、その女と一生共に
       生きていくことが許せなかった。
       虎と戦わせて青年が死んでいくのを見るのは、
       そのときの短い時間の苦しみで終わる。

 
  

と答えた生徒たちの結末 
     *目の前で愛する青年が死んでいくのを見るよりまし。
       (圧倒的にこの結末が多かった)

     *2人が結婚したあとに、王女はその女を殺し、二人は幸せに暮らす。


 

 珍答     
     *両ドアの後ろで、虎は女を食べてしまい、その後に虎も死ぬ。
       青年は虎の扉を開けたけど、何も出てこなくて、
       青年は虎とも戦わず、女とも結婚しない。

     *王女は双子で、その日扉に入るのは双子の姉であることがわかる。
       王女と姉は入れ替わり、当日、姉は王様の隣りに座り、
       王女は扉の後ろに隠れる。
       王様の隣りに座った王女の双子の姉は、
       女の扉を開けるよう青年に伝え、青年はその扉を開ける。 
       王女と青年は結婚をし、幸せにくらす。
         
  

   
せろりの考えた結末。  
     女。
     2人が結婚した後に、彼を盗みに行く。
     自分達が罰せられないよう、信頼できる家来たちに
     王様の暗殺を依頼しておく。 
     そのあとは、2人で仲良く暮らす。
     王様も変わり、罪人たちにドアを選ばせるというおかしな法律もなくなる。


 生徒19人、高校2年生、男子生徒17人、女子生徒2人、
 いろんな結末、楽しませてもらいました~。
 
 ここの高校での教育実習は、先週をもって終了。
 今月からは、別の高校での実習が始まります。
 
  
[PR]
by celori20 | 2008-06-02 10:12 | Comments(9)

懐かしい。。

4月末に春学期が終わって、
ケイリー、クラニス、エンバー、の3人はここのアパートを出て行き、
今月の中から、新しいルームメイト、キムが住み始めました。
この夏休みはしばらく2人暮らし。

4人用のアパートなので、2人だとなんだかとっても静かで、
アパートの空間をもてあましているような。。。
でも、穏やかでとっても快適。。。




新しいルーミーが持ってきたテレビ。
ボタン式で、これをパチパチ押してチャンネルを変える。
もちろんリモコンは無い。
f0112080_16432742.jpg



『うわぁ、懐かしいぃぃ~』

と、小学生のとき家にあったこんなテレビを思い出した。
テレビの前にゴローンと寝っころがって、
足でパチパチしながらチャンネル変えてたなぁ、

と、思い出にふけってしまった・・・。



ポートランド、だいぶ暖かくなりましたが、
朝晩はまだ肌寒い。。。
f0112080_16451425.jpg
f0112080_16455370.jpg


最高気温 22度
最低気温 13度


この日、日没後から雨、そして雷が。。

f0112080_16462812.jpg


f0112080_1732979.jpg


光った瞬間、、、
f0112080_1741594.jpg



ポートランドに来て1年と半年、こんな雷を見るのは初めてでした。。。
[PR]
by celori20 | 2008-05-27 16:46 | Comments(14)

The Lady, Or The Tiger? (女か、虎か)

f0112080_11351983.jpg

教育実習の授業で使った物語。
フランク・ストックトン作。
古代イタリア、ローマが舞台。

******************************

昔、一人の王様がいた。
想像力豊かで、近代的なアイディアを生み出す知的な王様。
空想好きで、毎日自分の想像にふけりその時間を楽しんでいた。
その一方で、自由を愛し、荒々しい気質をもった、幾分か野蛮な性格でもあった。

その野蛮な王様は時々、牢獄にいる罪人をアリーナに送り、
二つのドアの前に立たせる。
罪人はどちらかのドアを選びドアを開けなければならない。
その一つのドアには空腹で、大きく強い虎が、
もう一つには家来達が探しあてた町中で一番美しい女性が。

虎を選べば、虎と戦い、死への道を。
女を選べば、その女性と結婚へ。
その罪人が既婚者であってもその女性と結婚しなければならない。
どちらの道に進むか、自分の運がすべてを決める。
これが王様の決めたこの国のおきてである。

王様にはとても美しい娘がいた。
この王女もまた王様同様、幾分か野蛮な人間だった。
その王女はお城で働く、働き者でハンサムな青年と恋に落ち、密会を重ねる。
それを知った王様はすぐさまその青年をアリーナへ送るよう指示を出した。

それを知った王女は城中をかけめぐり、
どのドアに虎か女が隠されるのか、情報を入手する。
当日ドアに隠される女性は城中で一番美しい人。
王女はこの女性の知的さ美しさに嫉妬をし、彼女を嫌っていた。

虎を選べば、愛する青年が血まみれになり食い殺される。
女を選べば、愛する青年が自分の嫌いな女と結婚する。
f0112080_11412176.jpg


運命の日、青年はアリーナの中央に立ち、王女は王様の横に座る。
王女がドアの秘密を知っていることに感づいた青年は、
アリーナから王女を見つめ、

    『どっちのドアを開ければいいのか?』

と、目で問いかける。
誰にもわからないよう、王女はすばやく右手を動かし右の扉を開けるよう伝えた。
青年はさっと右の扉に近寄り、扉を開けた・・・・・。


f0112080_11401168.jpg


****************************

著者は、この物語の結末を明らかにはしていない。
リドル・ストーリーといって、
結末の結果を読者にゆだねるという書き方をしているため。
リドル=(riddle=なぞなぞ、謎めいた、という意味)

授業の最後に生徒たちにそれぞれの結末を考えてもらい、
それについての話し合いをしてとても盛り上がり楽しい授業となりました。

青年が開けたドアは、女か、虎か。
そしてなぜ王女はその扉を開けさせたのか。。。。
みなさんはどう思いますか。
ご意見きかせてください↓↓↓(コメント欄内にお願いします~)


*次回、生徒たちが考えた結末と、私が考えた結末を紹介します^^
[PR]
by celori20 | 2008-05-25 11:41 | Comments(15)

夏休み。

暑い。。。

お昼から図書館に出かけましたが、逆にクーラーが利きすぎですぐに寒気・・・・。
ジャケットをはおってましたが、冷気に弱いのですぐに退散。

部屋に戻り、ルーミーの扇風機+マオチンが譲ってくれた扇風機の2つを稼動させ、
なんとか空気の流れを作りました。

f0112080_1452297.jpg

生暖かい流れですが、無いのよりはずいぶんと体感温度が下がります。

只今、夜11時、外気温22度。 
最高気温 32度。
最低気温 14度。

明日からは、最高気温でも20度代まで下がるようです。。。
ちょっと楽になるな。。


f0112080_1453201.jpg
f0112080_1454060.jpg

[PR]
by celori20 | 2008-05-18 14:54 | Comments(4)

3度目。

f0112080_10503978.jpg



今年に入って3度目の風邪をひいてます。
今はまだ3月、つまり、月に一度風邪をひいていることになります。

もともと体は丈夫なほうで、2年に一回くらいしか風邪はひいたことがなかったのに、
毎月となると、精神的にもへこむ・・・。
体力も落ちまくっています。

2月の中から、日本語教師と英語の家庭教師をしている高校で
教育実習が始まりまして、スケジュールがギッシリになってしまいました。

平日はバスと電車を乗り継ぎ、往復約3時間近くかかる高校へ行き、
(これが一番きつい気がする・・・)
夜は実習と日本語教師、家庭教師の準備に追われ、
月曜と水曜は夜の授業を3時間受ける。。。(これも長い・・・)
週末は、大量の課題に取り組むという日々が続き、一ヶ月ちょっと・・・。


睡眠時間がいつもの約半分に減ってました・・・。



実習をしている学校の校長先生が話していました。

   学校に勤めだすといろんな菌をもらうから、
   しばらくは風邪ひきやすくなるよ。
   免疫システムが出来上がるまで2年はかかるね。


  





2年・・・・!?
  長いなぁ~~。。。


今朝は、体がだるいのとセキが止まらないのとで、
日本語教師と家庭教師のお仕事を休ませてもらいました。



そして明日から、やっと10日間の春休み!なのですが、
大学院の課題、プレゼンテーションと、プロジェクトの準備作業で、
あっという間に過ぎていきそうです。。。。。悲・・・・
風邪も完治させたい。。。

先月からは、料理をしっかりする時間もほとんどなく、ただでさえいつも粗食なのに(笑)、
さらに粗食度が増し、ふりかけご飯や、うどん、目玉焼きくらいしか食べられてなかったので、
ついに、サプリメントデビューしました。
ビタミンとDHA。 これからもうちょっといろんなのを足していこうかな。
f0112080_10533428.jpg



リビングから見えるサクラ。
f0112080_10524244.jpg

[PR]
by celori20 | 2008-03-21 10:29 | Comments(10)

空が、

f0112080_7361267.jpg


毎日とってもきれいです。

今は雨季の時期なんですが、ここ最近ずっとお天気が良い。
というか、今年の雨季はほとんど傘をさしていないなぁ、そういえば。

今日の最高気温13度。
     最低気温 3度。

わりと暖かいです。

電車の中から。
f0112080_7365837.jpg

  

f0112080_7374561.jpg



自分の部屋からの眺め。
f0112080_743098.jpg

  

f0112080_7382517.jpg



2週間ほど前に教育実習が始まりまして、
バタバタしてますが充実しています。

実習が始まってすぐに、また風邪をひき。。。。
こないだこってりとひいたばっかだったのに。。。。
でも、今回のは軽くてすぐに治りました。

元気にやってます。^^
[PR]
by celori20 | 2008-02-26 07:41 | Comments(14)

ハッピーバースデー。

f0112080_4593895.jpg




     『恋愛小説ではもう泣けないあなたへ』



というサブタイトルを見て、思わず買った本。



去年の夏、ロンドンへ向かう飛行機の中で読みながら、
涙が止まらなかった。。。



もともと児童書として、1997年に刊行された本で、
次第に大人にも薦められるようになった。。。

 

      『おまえ、生まれてこなきゃよかったなぁ』


という、主人公の女の子、あすか(小学校5年生)、の兄のせりふから始まる。

   
     

     
     『やっぱり、あすかは生むべきじゃなかったわ』


 と、母親のせりふ。



仕事に追われ だんなのご機嫌とりに神経をすりへらす日々の中、
あすかにうまく愛情を表現できなかった母親。

母親に認めてもらえず、『お誕生日おめでとう』とその一言が言ってもらえず、
悲しくて、切なくて、その精神的苦痛から身体的障害を経験するあすか。
そんな境遇の中で、強くたくましく、そして優しい女の子に成長していく。


母親、静代、がなぜあすかに愛をそそげなかったのか、、、、
その理由がどんどん解き明かされていきます。



家族愛、親子愛などで悩んでいるひとにはおすすめ。
思い切り泣きたいひとにもおすすめ。

****************************

幼少時代、私も母親との関係がうまくいっていなくて、
『私は、この人に嫌われているんだ、』と思いながら、
小学校時代を過ごしました。
二十歳を過ぎて、やっと大人同士いい関係を築いていける、
と、そんなときに母親は他界。

幼い頃のつらい記憶が、今でも、心を締め付けるときがあります。
思い出したくもない母親から受けた仕打ちに今でも苦しむときもあります。
突然涙が溢れるときもあります。
それでも、強く心に思うこと。

  

  
  私は、どんに忙しくても、どんなに疲れていても、 
  わが子に『大好きだよぉぉ』って、抱きしめてやれるだけの
  精神的余力をもてる、強くて優しい母親になりたい。。。
  絶対になります・・・・




今では、反面教師になってくれた母親に感謝しています。





って、、、

  いつだろう。。。。母親になるの・・・・ ^^; 
 
[PR]
by celori20 | 2008-02-11 04:38 | Comments(12)

春学期。

学校が始まりました。
前学期の初期同様、教科書を読み始めると、ねむーくなります。
school just started! reading already makes me sleepy ~~~

今セメは、いよいよ教育実習が始まるのですが、
実は、まだどこの学校に行くのかが決まっておらず。。。。
今、ある高校と大学側が交渉中です。。。
the location where I do my practicum has not been set yet.

日本の教育実習は、2週間くらいでしょうか?
これから規制が変わって、一ヶ月くらいに延びるときいたこともあります。
この2週間が本当にきつい、と知人や友人からきいたことがあります。
精神的にも、肉体的にも。。。

今回の私の教育実習は、修士のコースカリキュラムに組み込まれているもので、
135時間の実習を終えて、3単位がもらえます。
期間は、今学期の4ヶ月間。もしかしたら、もっと・・・。
実習の現場もさまざま。
小学校、中学校、高校、大学、その他の英語学校(大人、ビジネスマン用)など。
the hour we are supposed to have for the practicum is 135hours, almost spending the whole semester. And then, finishing the hours,we can get three credits.

私は、高校に行くことが決まっています。
生徒は、韓国人、日本人が中心になりそうです。


無事に、そして早く決まるといいなぁ・・・。
hopefully, may the schedle is fixed ASAP~~~~


f0112080_1350243.jpg


今日のポートランド。

最高気温 11度。
最低気温  6度。

雨です。。。 
昨日、今日は、わりと暖かく感じる。。
[PR]
by celori20 | 2008-01-11 13:55 | Comments(2)

ビートル君。

f0112080_13271414.jpg

この冬休み、じょんが日本に帰っている三週間、
彼の愛車、ビートル君を預かることに。
去年の夏に免許を取っていたので、
この機会にいろいろと出かけるときには、この車を使わせてもらうことに。
While John was in Japan I used his car, Mr. Beetle~~~~

いつも、日本語を教えている高校まで、バス、電車、徒歩で片道一時間。
それが、ビートル君だと、
高速に乗り、(しかもアメリカの高速は基本ただです)

Usually, it takes one hour to commute from my place to the high school I teach Japanese. but if I drive, it is only 18 minutes.

たったの




18分。

快適~~☆


f0112080_15554739.jpg

f0112080_15414932.jpg

f0112080_15424654.jpg


オレゴンの地形は山や丘がいっぱいあるので、
日本を運転する感覚にとても似てます。

イリノイ州でも5年くらい運転していましたが、
山がなく、トウモロコシ畑が広がってるだけなので、ほとんどカーブもなく、
直線の道を130、140キロくらいでぶっ飛ばせてました。
(一度、警察の車を追い越したことがある・・・・笑笑)


でも、ここではそうはいかない!
カーブが多くて、道もとっても入り組んでる上に、毎日雨という悪天候。
それから、長くポートランドに住んでいて地理に詳しい人たちの運転は、
とっても速い・・・


私は、それになかなかついて行けず、えっちらおっちらと運転することが多く。。。

何度か、友達を乗せて、買い物に行ったり、カラオケに行ったり、
高速を運転しましたが、
車内はとってもにぎやかでした。

It was very easy to drive in Illinois since the land is flat, but here, the things are different !! mountains, hills, curves are big obstacles to drive.
Since my drive was awkward , all who took the car with me were sometimes loud ~~~~hahaha.

 『うわぁぁああああーーーー』  
   
   とか、

 『あぶなーーぁぁぁぁいぃぃぃ』   
   
   とか、
 
 『ぶつかるぅぅぅぅ~~~』   

   とか、
 
 『ムリですぅぅぅーーー!!』
  
  それから
 
 『せろりさん、落ち着いてぇーーー』


  などなど。。。。。 (このせりふ、ほとんど By Samurai)

 とにかく、この年末年始、みんなの命が無事でよかった。  
 じょんのビートル君が無事でよかった。
I am relieved both all my friends who rode the car with me and Mr. Beetle were safe.
 

f0112080_15432545.jpg

f0112080_15514940.jpg


f0112080_13294645.jpg


じょん、ありがとうね~。
[PR]
by celori20 | 2008-01-08 12:55 | Comments(12)


アメリカ人の夫といろいろなことを乗り越えながら、ペットたちに囲まれて楽しく暮らしている日々を綴っています。


by Cero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル