邦画鑑賞②

どうも、おまたせしました。
『海猿』、全て見終わりました。

f0112080_13293567.jpg


生徒たちの滑稽なコメントの連続で、
教室の後ろで笑いをこらえるのに必死だったり、
意外なコメント、反応に 『え、なんで?』って思うことも。

日本人の話す日本語、コミュニケーションを見てもらおうと思っての
今回の映画鑑賞だったのですが、

後で思えば、私が学ぶこともたくさんあった鑑賞会でした。

f0112080_13361381.jpg

映画の中で、役者さんたちが、じーと見つめあったり、
独りで何かを思いふけったり、沈黙がところどころあるのですが、

この 『間』 というものは、生徒たちにはなかなか理解できなかったようです。



日本人のコミュニケーションの形態の中に、

言葉を言わなくてもわかる、

 つまり、『つうかあの仲』 とか、『以心伝心』 とか、

 『あの人は空気を読める、読めない』 

    という表現もありますよね。



欧米人にしたら、

    『なんで何も言わなくてわかりあえるんだ、
           
          空気を読むって、空気には何も書いてないぞ』
 
                          ってなるわけです。


この違いは、それぞれの言語的要素の違いもあるのですが、
もうひとつ、『自己』の概念の差も出てきています。

心理学者のユングが言っていますが、
欧米の『自己』とは、それぞれの『個人』がまったく別々のもので、
このそれぞれの『個人』の間にものすごく距離がある。
もちろん、この『距離』は物理的ではなく、精神的なもの。

人は、みんなそれぞれ違う経験、個性、価値観がある、がために、
その『違い』の存在を理解したうえで、
その距離を埋め、お互いを理解していこうという目的の下に
『コミュニケーション』というものが生まれました。

違うもの同士が『距離』を縮めて解り合っていこうという道具が『言葉』です。
『理解』のためには、『言葉』が絶対必要不可欠なわけです。


再び、心理学者のユングが言っていることですが、
(もしくは、日本の心理学者、河合 隼雄氏だったかもしれない。
 今、文献が手元にないのでちょっとわかりません、すみません)

 『日本人の『自己』というのは、他人の『自己』と近接している。』

以前に、このユングが説いている『自己』を図にしたものを見たことがあるのですが、
他人の『自己』とほぼくっついていました。
(興味のある方は、調べてみてください。)

なので、人と同じように何かをしたり、考えたりすることで、そこに安堵感が生まれ、
『自己』も成り立つ。
自分がうれしいことは、きっと他人もうれしく思うだろう、
自分が悲しいことは、きっと他人も悲しく思うだろう。。。。という
潜在意識が強く成り立つと思います。


この概念から、『言葉』という道具がなくても、

   『解りあえることもできる』、

こともあるんだろうな、

実際に『コミュニケーション=communication』という言葉は
もともと日本語にはなく、
きちんとした日本語に訳すのもちょっと難しいです。
『言葉』がなくても解りあえる歴史をもっていますからね。

いくら『個人』がまったく違っている欧米人だからといっても、
日本人と同じ、ある程度の経験を積んでいる大人であれば、
人の気持ちを配慮したり、共感したりということはあります。
(シンパシー=sympathy 同情、共感、共鳴)

だけど、その共感や共鳴にも必ず『言葉』が存在して、『沈黙』はない。



映画のシーンで、何回も 『間』(沈黙) があって、
お互い同じことを感じあっている、
日本人が涙をしたであろうシーンは、
我が生徒たちにとって、

  









格好の雑談タイム

    
   と化していました。  笑~。



女子生徒が何度かイライラして、
  
     『なんで、だまっているのー、
     なんか言いいなよー、
     次のこと早くやろうよ!
     そんな見つめ合ってる時間ないよ!』
   

         って発狂してました。 笑笑~。


f0112080_13383276.jpg

この、『間』について、映画を見終わってから少しずつ自分なりに分析したので、
生徒達に話す機会を逃した。。。
この内容をとっさに話せない、自分の英語力不足も実感。

次もまた邦画鑑賞を考えているので、もうちょっと準備して臨まないとな、
と勉強になりました。


*せろりから一言*
下に生徒たちのコメントを載せましたが、
彼らは正直に思ったことを発するアメリカ人でして、
海猿ファンでこの映画が大好き、大切にしているという方達は、
このコメントを読まないほうがいいか、と思われます。
一応、伝えておきます。



1.大輔が抜け道を探しに火の中に入り、
  その後酸素ボンベを持って帰ってきたとき。

     『なんで生きてるんだよー、
             ありえないよー』
        
        死んでほしいのか?  
        確かに、アメリカのアクション映画では、誰かが
        仲間のために犠牲になって、その人がある意味ヒーローになる。

2.吉岡が独り船に残され、あとの3人が脱出に向かう。
  3人のうちの一人の男性が吉岡にむかって
  『死ぬなよー!お前、絶対に死ぬなよー!』
  と叫んでいたとき。

     男子生徒が苦笑い。 
     男があんなふうに叫ぶのはみっともない?
     理由をきいたけど、教えてくれなかった。
     まぁ、たいした理由はなさそう。

3. そして、日本中の海猿ファンが涙したという、プロポーズのシーン。

    『みっともない~、みんなに聞かれるなんて恥ずかしいよぉぉ。
     ありえない~!!
     Oh my Gooood !!』   
       
          男子生徒、頭を抱える。 ^^;
     
    『ほらね、やっぱりプロポーズすると思ってた』

           と、女子生徒。
   
4. 大輔のプロポーズのセリフ、
   『子どもをたくさんつくって、日曜日には公園へ行こう』をきいたとき。


 




   大爆笑~~
   
  
           この映画、ニューヨークで上映されたそうですが、
           このシーンは同じく、 爆笑の渦だったそうです・・・・。
           人前でのプロポーズは、コメディになってしまうそうです。
   
     その後、続々と、

    『そんなことしてるひまないよ! 早く、仲間を助けに行けぇぇぇ!』
     時間が無駄だぁぁぁ!!!!!』
      
          と、発狂しまくり。。。。
  
      なんとも、いつまでも批判される大輔くん。。。


5.大輔が男性を背負ってはしごを登っていたときに、
  大量の水が流れ込み、はしごから手を離してしまい、
  落下していく妊婦の手を危機一髪つかんだとき。


 



 『お前は、スーパーマンかぁぁぁ、
   なんでだぁ!
       どうやってやったんだぁ!!』

      
           落ち着け、落ち着け、映画だよこれ、^^;

6.そして、水圧に耐え切れず、3人が落下。

    『Oh My GooooooooD !!!
     手を離したぁぁぁ』
    『3人とも死ぬのか?マジか!!』
    『あんなプロポーズやってるからだ』
    『あれで3分、いや5分は無駄にした。』
    『あのはしご20メートルってことは、だいたい16フィートだから、
     半分くらい登ってたってことは、そんなに高くない、
     助かってるよ、きっと。
    『下に水があるから、 水がクッションになってるかもしれない』
    『イルカが助けにきてくれるんだよ、きっと』
          
            実におもしろい。。。

7.かんなが、『大輔くんは、絶対帰ってくると約束してくれました』
  みたいなセリフを時任さんに伝えるシーン。

   『何言ってんだ、この子~、 おかしいよ~』
   『日曜日に公園行こうって考えてる場合じゃないよ~』

      とちょっとあきれている男子生徒。
      私はなんで?って思って、理由をきいたけど、
      言ってくれなかった。。。もうちょっとつっこめばよかった。

     生徒たちは恋愛ごとよりも、みんなが生きるのか、死ぬのか、  
     海の底で待つ仲間は?ってことが気になってしょうがない様子。
    
8. 置き去りにした吉岡を発見、彼は生きてた。

     『おおー!生きてたぁ』
     『でもなんでだ』
     『酸素が70%残ってたよ』
     『ああ、そうなんだ』

9.大輔とかんなのキスシーン。

    『なんか変、このキス!』
    『唇がちょっとしかくっついていない!』

      日本では、あんな大勢の前でキスすることですら
      珍しいんですよ・・・^^;
    
10.一人の生徒が、映画の内容とは別の意見を。

    『読む字幕の量が少なくて楽だった。
     アメリカの映画の字幕はやたら多くて長い。』

    これも、日本人の言葉の少ない象徴なのかな、とふと思った。
  
そして、私の感想。
今回、私も初めてみました。今までの『海猿』もドラマでちょっと知っていた程度。
太宰治の『走れメロス』を思い出しました。
どんなに疲れていても友人を救うべく最後まで走り続けたメロス。 
熱い友情がジーンときました。^^
[PR]
by celori20 | 2008-10-10 06:35 | 日本語教師 | Comments(19)
Commented by kiriyamakiriri at 2008-10-10 10:16
ぎゃはははははは〜〜〜〜〜(≧∀≦*
もぉ〜〜最高に素敵な生徒サンたちだ!!!
大好きだぜ〜♪
僕も似たような事を初めてテレビでこの映画観た時に思いました^^
まぁ〜まだ若い子たちには(しかも欧米人)日本的な「間」を楽しむなんて^^;
いやぁ〜本当に面白いです♪
でも・・・「24」のジャックバウワーなんて
とっくに死んでてもいいでしょう〜(爆)
それは いいのかぁ〜?www
うう〜〜〜 この子たちに僕は会いたくなりました♪
行こうかなぁ〜ポートランド♪(笑)
出来ないでしょうね〜
Commented by takehaya at 2008-10-10 21:13 x
人前でのプロポーズって実際の日本人はやらないからね!
ちゃんと生徒に言っといてよ!
ドラマでは人前でのプロポーズやるようになったのはトレンディドラマからかなぁ。
アメリカのドラマではやらないんだ。
いや〜、生徒さん達映画見ながらよくしゃべりまくるね。
なるほどあの間は格好の雑談タイムだったのか!知らなかったぜ!
Commented by wbk at 2008-10-11 10:25 x
おもしろい!
 生徒さんたちの思いは僕の思いと全く同じです。
 ”海猿”なんて見た事無いけど、
 黙って見つめ合っている時なんて、そんな事やってる場合じゃないだろう!!って歯がゆくなります。
 なので、僕は絶対に邦画は見ない事にしてます。

沈黙。。アニメにメチャクチャおおいですよね。
 人物は黙ったまま絵だけが右とか左にスライドするだけのシーン。ま、制作スタッフの作業が楽ちんなんではありますけどね。

 ”んなわけないだろう”は、まぁどんな映画にもありますよね。特に救出物。。v(^。^)
 その辺は娯楽映画なので我慢するとして。。
 ダイハード4を観ましたが。鈍足のトレーラーに最新鋭の戦闘機F22ラプターが負けるなんて有り得ない。。そんな戦闘機、誰が買うか!?と、大笑いしました。
Commented by wbk at 2008-10-11 10:26 x
補足)アメリカのアニメ、必ず口だけは動いてる。さっすが常にコミュニケーションしてる。
Commented by celori20 at 2008-10-13 06:42
*KENさん、
ほんとに、会いにきてくださいよ、この子達に~。
Commented by celori20 at 2008-10-13 06:44
*たけさん、
>人前でのプロポーズって実際の日本人はやらないからね!
>ちゃんと生徒に言っといてよ!
はい、わかりました・・・。^^
アメリカで映画館行くとライブ会場にいるみたいですよ。
しゃべるし、笑うし、さけぶ。。。笑
Commented by celori20 at 2008-10-13 06:48
*WBKさん、
邦画、って私もあんあまり見ません。
同じ理由で、、、笑
でもこれからは、もうちょっとこの『間』を勉強してみようかなぁ、~^^
ダイハード、めるギブソン?がんばってますねぇ。今度見てみよう。
あ、それから、ちょっとききたいことあるんで、そちらに伺います~。
Commented by riliko at 2008-10-13 12:03 x
友達の帰国子女がホントに帰国したばっかの時にトムクルーズの映画が見たいから一緒に来てくれと言われ、一緒に行って、赤恥かかされました。だって、「うるさい」んだもの…。「いつからそんな人間になったんだ!」と何日か後に言ったものです。この「何日か…」が、間なのだと改めて思いました、笑。あと、「・・・」も・・・。
この子達には、私の大好きな「かもめ食堂」とか「めがね」なんて、ありえないだろうね~。
アメリカ映画でも「間」とか、大事にしている映画もあると思うけどな~。
特にヒューマン系とか…。
若いから、見ないか?
Commented by wbk at 2008-10-13 23:15 x
ダイハードは、ブルース・ウィリス v(^。^)

 あ、回答しておきました♪
 あの場合、オリジナルをトリミングしないと無理です。
Commented by wbk at 2008-10-13 23:21 x
そうそう、顔文字 (;^_^A
 海外の連中とチャット、メールをしていると、相手が顔文字を書いてくるんですが、:-Pとか:-)とかみんな横向いちゃってて
(;^_^A、v(^。^)、φ(+_+;) とかまんま顔になってないのが多いんですが、考えてみると日本は日本語変換FEPを使うからあらかじめ登録したカナを打って変換すれば顔文字が出てくるんですが、FEPを使う必要の無い国ではキャラをまんま入力するしかないのかって、ちょっと前に気づきました。(;^_^A
Commented by まさぽん at 2008-10-14 00:31 x
「間」については、なるほどな~と思って読みました。っていうのも、昔、「Shall we ダンス?アメリカを行く」っていう本を読んだんですが、アメリカで封切られてる日本映画って、何秒単位の「間」の部分が観客を退屈にさせるという理由で、公開される前にバッサバッサ編集されてるようですね^^;;;
あと、韓国の映画館も日本に比べて結構うるさいっていうか、みんな一緒に笑うって感じで、おもしろいっすよ^^
Commented by celori20 at 2008-10-16 15:00
*りーこ
そうやね、アメリカの映画でも、『間』がまったくないといったらウソやね。
今日の昼間、メロドラマ見てたら、女の人が目をウルウルさせて放心してた。この『海猿』はアクション映画やっただけに『間』はそんなにいらんかったかも。でも、アクション映画と思わせつつ、思いっきりヒューマンドラマ&ラブストーリーやったから、なおのことややこしくなったと思うよ。どれかにしぼらんと。。。^^; アメリカ人には、邦画のしっとり系はわからんと思う。。。私はこれから邦画見て行きます~。ついこないだ、『Shinobi』を見たよ。
Commented by celori20 at 2008-10-16 15:02
*WBKさん、
そうでした!!ブルースウィルスだった~。懐かしいぃぃ。^^
Commented by celori20 at 2008-10-16 15:09
*まさぽんさん、
>何秒単位の「間」の部分が観客を退屈にさせるという理由で、
>公開される前にバッサバッサ編集されてるようですね^^;;;
これかなり笑えます^^ アメリカ人って、なんでも単純かつ明確じゃないとダメなんですよね。沈黙の中に人の心を読むことは日本人の美徳ですね。つくづく感じます。
韓国人って、アメリカ人に似てるって、私も思います。これなんでかな、って考えたことあるんですけど、彼らには『大陸の血』が流れているんだと思います。だから情熱的です。これ話すと長くなるんですけど、一つの例としては、植民地の歴史アリの国ですね。日本は平和な島国です。^^
Commented by ふこ at 2008-10-20 18:55 x
お久しぶりです♪
生徒さん達の感想、私の友達を思い出してしまい笑いながら読みました。
私も昔、友達に日本のドラマを見せたら、「なんでこの男こんなうじうじしてるの!?もっとプッシュしろ!今すぐキスしろ!」と怒り出したり、ラストシーンでようやくちょこっとキスをしたら「それだけ!?もう一回しろ!」と発狂していました(笑)
本当、文化の違う人の観点の違う感想はおもしろいし、いろんな発見がありますね。
お仕事がんばってください!後でメールしますね^^
Commented by celori20 at 2008-10-23 04:25
*ふこちゃん、
おひさし!!コメントありがとう。
>「それだけ!?もう一回しろ!」と発狂していました
さすがアメリカ人だね。。。おもしろい。。
また、いろいろ近況きかせてね!^^
Commented by wbk at 2008-10-26 19:26 x
伊藤君
 今度もまたこんなことやりますよ。
 レスキュー物にとりつかれているってかな。

日本のワーナーのHPをご覧あれ。
.warnerbros.co.jp/252/
Commented by wbk at 2008-10-26 19:27 x
伊藤君
 今度もまたこんなことやりますよ。
 レスキュー物にとりつかれているってかな。

日本のワーナーのHPをご覧あれ。
.warnerbros.co.jp/252/

先端にHttp://wwwを付けてね
アドレス貼るとスパム・メール扱いになっちゃ産みたいですね。
Commented by celori20 at 2008-10-28 13:32
*WBKさん、
伊藤さん、確か本当にレスキュー用の免許持ってるんでしたよね?
なんか、そんなことをきいたことがあるような、ないような。
また、あのたくましくて、セクシーな筋肉を拝めるんですねぇぇ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


2016年1月に突然ハスキー犬がやってきた!毎日ポジティブに楽しく生きること考えてます〜♫


by CERO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のコメント

> のっちんさん なん..
by celori20 at 22:19
あんな目で見られたら、ご..
by のっちん at 19:21
> のっちんさん そう..
by celori20 at 21:40
なつかしい~こんなに小さ..
by のっちん at 18:13
> のっちんさん 気持..
by celori20 at 07:24
これだけ広いところで遊べ..
by のっちん at 18:56
> のっちんさん そう..
by celori20 at 20:38
怖いわwww
by のっちん at 18:59
> のっちんさん わか..
by celori20 at 21:13
ハッピーハロウイン♪ ..
by のっちん at 16:48

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル