邦画鑑賞。

言語教育の現場では、
まずその言語の音に慣れる、というのが不可欠でありまして、
生の会話を聞くというのは、とても大切な学習方法の一つ。
聞き取り能力は、会話力へと直結しています。

洋画を観ながら
英語の聞き取りや英会話の勉強をしている人はたくさんいると思います。


私のクラスは
まだ簡単な基礎表現しか学習していないので、
映画やドラマで聞き取りの練習ってとこまではいかないのですが、



今回の目的は、
生の日本語をきいてほしいというのもありましたが、

プラス、

日本人のコミュニケーションの形態を見てほしいというわけで、



今日の授業は 邦画鑑賞。 


ちょうど、英語の字幕つきのものをレンタル屋で発見。

  


        『海猿、Limit of Love』
f0112080_15305592.jpg





彼氏彼女とのやりとり、上司と部下のやりとりなど、
アメリカのコミュニケーションのし方とはかなり違うはず。

それから、Nonverbal communication (ノンバーバル・コミュニケーション)

と言って、
言葉を発しないコミュニケーションの方法。

たとえば、顔の表情、手の動き、声の大きさ、会話での間の取り方など、
つまりボディーランゲージ、ですね。



映画を始める前に、生徒たちにそのうまを伝え、
あとは、自由に意見質問をするように話して、

映画開始。


さすがアメリカ人です、我が生徒たち。。。。

予想通り(笑)、
『自由な発言』の連続でした・・・・。




1.オープニングからの環菜(加藤 あい) と 
  大輔(伊藤英明)とのやりとりを観て、

  『男が権力を持っていて、えらそう』
  『彼女がかわいそう』
  『付き合ってるのにロマンチックじゃない』
  『男の方からの正式なプロポーズなしで結婚はありえない』


ちなみにアメリカでは、女性がお付き合いの段階で、(1年以内くらい)
結婚話しをちらつかせるのはご法度です。 
もし、女性がちらつかせた場合、男性は嫌になって逃げる。。。
(アメリカ人の女友達全員が口をそろえて言うので間違いなし)

男性がきちんと計画を立て、プロポーズのタイミング、場所、セリフを考え、
女性はその日を待ちます。

欧米男性を狙っているあなた、参考にしてください。^^


2.環菜(加藤 あい) が ウエディングドレスの入ったかばんをフェリーに残して、
  フェリーを降りるとき。

   『ドレス、そこで着て行けばいいのに』   

    ああ、なるほど・・・

3.フェリーから乗客をボートに乗せて非難させるとき。

   『岸まであんなに近いんだから、泳げばすぐに辿りつける』

    はぁ、まぁねぇ。


君ら、本当におもしろいなぁ~。



この日は、半分観て終わり。
ここまでの感想をきいてみたら、

   『Good!!』って言ってました。


大輔くん不評でしたが、ラストシーンで大逆転なるか、
後半レポートに、乞うご期待。
by celori20 | 2008-09-28 15:31 | 日本語教師


2009年4月、留学中にハリーくんと運命の出会い。2009年ー2011年超遠距離恋愛を経て、2011年12月婚約。2012年6月婚約者ビザ取得。同10月に入国。 新婚生活が始まりました!!


by cero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

タグ

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル

画像一覧