The Lady, Or The Tiger? (女か、虎か)

f0112080_11351983.jpg

教育実習の授業で使った物語。
フランク・ストックトン作。
古代イタリア、ローマが舞台。

******************************

昔、一人の王様がいた。
想像力豊かで、近代的なアイディアを生み出す知的な王様。
空想好きで、毎日自分の想像にふけりその時間を楽しんでいた。
その一方で、自由を愛し、荒々しい気質をもった、幾分か野蛮な性格でもあった。

その野蛮な王様は時々、牢獄にいる罪人をアリーナに送り、
二つのドアの前に立たせる。
罪人はどちらかのドアを選びドアを開けなければならない。
その一つのドアには空腹で、大きく強い虎が、
もう一つには家来達が探しあてた町中で一番美しい女性が。

虎を選べば、虎と戦い、死への道を。
女を選べば、その女性と結婚へ。
その罪人が既婚者であってもその女性と結婚しなければならない。
どちらの道に進むか、自分の運がすべてを決める。
これが王様の決めたこの国のおきてである。

王様にはとても美しい娘がいた。
この王女もまた王様同様、幾分か野蛮な人間だった。
その王女はお城で働く、働き者でハンサムな青年と恋に落ち、密会を重ねる。
それを知った王様はすぐさまその青年をアリーナへ送るよう指示を出した。

それを知った王女は城中をかけめぐり、
どのドアに虎か女が隠されるのか、情報を入手する。
当日ドアに隠される女性は城中で一番美しい人。
王女はこの女性の知的さ美しさに嫉妬をし、彼女を嫌っていた。

虎を選べば、愛する青年が血まみれになり食い殺される。
女を選べば、愛する青年が自分の嫌いな女と結婚する。
f0112080_11412176.jpg


運命の日、青年はアリーナの中央に立ち、王女は王様の横に座る。
王女がドアの秘密を知っていることに感づいた青年は、
アリーナから王女を見つめ、

    『どっちのドアを開ければいいのか?』

と、目で問いかける。
誰にもわからないよう、王女はすばやく右手を動かし右の扉を開けるよう伝えた。
青年はさっと右の扉に近寄り、扉を開けた・・・・・。


f0112080_11401168.jpg


****************************

著者は、この物語の結末を明らかにはしていない。
リドル・ストーリーといって、
結末の結果を読者にゆだねるという書き方をしているため。
リドル=(riddle=なぞなぞ、謎めいた、という意味)

授業の最後に生徒たちにそれぞれの結末を考えてもらい、
それについての話し合いをしてとても盛り上がり楽しい授業となりました。

青年が開けたドアは、女か、虎か。
そしてなぜ王女はその扉を開けさせたのか。。。。
みなさんはどう思いますか。
ご意見きかせてください↓↓↓(コメント欄内にお願いします~)


*次回、生徒たちが考えた結末と、私が考えた結末を紹介します^^
[PR]
by celori20 | 2008-05-25 11:41 | Comments(15)
Commented by wbk at 2008-05-25 13:29 x
虎!
 野蛮な王女、
 その青年が自分の物にならないなら
 虎に食べさせてしまうでしょう。
 これぞ野蛮の極み♪

先週StephenKingミストを観ました。
 あれもそのリドルストーリーにしてくれたら良かったのですが、やっぱ日本人は右か左か、白黒の結果が必要ですよね。
 誰でもそうかな♪
Commented by celori20 at 2008-05-25 16:48
*WBKさん、
ごめんなさい、><私の翻訳が微妙に違っているので、直します。
この王様と王女は、『幾分か野蛮な』の間違いでした。
本文は、semi-barbaric となっていて、わりとしっかりとした教養を持ち合わせながらも、半分は野蛮、、、、ってな感じになってます。 なので、極み的な野蛮を持った人たちではないみたいです。
そしたら、どう出ますか! 
Commented by celori20 at 2008-05-25 16:58
*WBKさん、
それから、リドル・ストーリーは、どちらかというと日本人向けだと思いました。欧米の人と比べてYes、Noをはっきり言わない、グレーな部分が多々ありますからね。日本人なら両方の展開をうまーく創造して楽しめそうな気がします。欧米の人のほうが、白か!、黒か!ってはっきりしてますから、こういう展開は『なんだー!?』ってイライラする人が多そう笑。私も先月、リドル映画見たところでした、タイトル、忘れてしまったんですけど。。。なかなかおもいしろいやり方ですよね。。もちろん、はっきりしている方がスッキリはしますね~。
Commented by kiriyamakiriri at 2008-05-25 19:19
こんばんは☆僕もリドル・ストーリーは日本人向けの気がするなぁ。個人差はあるでしょうが、欧米人ってハッキリしたものが好きな人断然多いし(笑)だからそお思うんだけど、かといって昔やってた「ツインピークス」や「X-Files」のように結末がグレーなものもハマる人は多いし^^;
僕の想像は「女性のいる扉を開ける」です。
虎に殺されては二度と会えないけど女性に会わせれば会えなくなる訳ではない。密会して情事を重ねる事もできる。けれど、semi-barbaricな王女ですから僕は「女性を殺してしまえばいい」と考えるのではないかと・・・。
僕の意見はこんな感じでした〜。 
Commented by wbk at 2008-05-26 00:30 x
う〜〜ん、やっぱ
 虎だなぁ。
 女はおっかないもん♪
 あ、失礼♪ (;^_^A

そうそう、映画の結末って、大抵2つ用意しておいて
 これで公開しようといった結末を試写会で見せて
 お客さんの反応を見てみる。
 大喜びならそのままGO!
 がっかりなら、別の展開のもう一つの結末にする。。
 なんてあるという事です。
 24Hの1作目のもう一つの結末。。観ましたか?
 ちゃんと作ってあるんですよぉ〜♪
ってなわけで、スティーブン・キングのミストも。。
 あれはスティーブンのストーリーそのままを採用しているんです。原作どおりにするのが当然ですが。
 
Commented by じょん at 2008-05-26 04:14 x
昔付き合ってた彼女に、
「あたしとタイガースどっちが好きなん!?」
って聞かれたことを思い出した。
Commented by 白い恋人 at 2008-05-27 17:02 x
↑今付き合っている夫に
「私とキリンラガービールどっちが好きなの!?」
って聞いたことを思い出しました。
次回の結末楽しみにしています。
さて・・夫は?
Commented by celori20 at 2008-05-27 17:59
*KENさん
おおー、そうきますかぁ。私の結末に似ています。
女は怖いですよねぇ。。。笑
Commented by celori20 at 2008-05-27 18:04
*WBKさん、
そうなんですよ、女っておっかないですよねぇ。
虎を選んでも、女を選んでも(KENさんのように、あとで女を殺すみたいに)、女っておっかないですよね。。笑 いろんな意見を楽しめるのがリドルストーリーの醍醐味ですね。

見ましたよ、24.あの最後、2つともみましたよ。
私は、『死んじゃう』エンディングがしっくりきました。
もちろん悲しいですけどね。。。。 
Commented by celori20 at 2008-05-27 18:05
*じょんくん、
で、なんて答えたんだっけ。。。
あ、連れて行った、だったか。。。
女は面倒くさいこときくなー。私も女だぁ。
Commented by celori20 at 2008-05-27 18:08
*ままさん、
そして、パパさんの答えは?
非常に気になります。そしてその答えを言ったあとの流れも非常に気になります。 私も、いつか自分のだんなにきいてみます。
余震で大変なとき、体に気をつけてください。
Commented by wbk at 2008-05-28 01:34 x
やっぱそうだよねぇ〜♪ 虎なんかより遙かに怖い!
 って調子に乗っちゃダメか。。(;^_^A
 
 24,生きてるほうはさすがに人気がなかったみたいね。
 でも、バウワーに関わった人は、み〜〜んな死んじゃうんだよね。大統領とマイク以外。。シークレットサービスのなんとかって人も危なかったねぇ〜♪
Commented by じょん at 2008-05-29 18:28 x
ちなみに俺の結末予想は、
「虎に女を食わせて、その後王女は青年と結婚する」
です。

つまり、右の扉には虎も女もいず、
青年は助かる、みたいな。

Commented by celori20 at 2008-06-02 12:30
*WBKさん
はい、女は虎よりはるかに怖いと、私も思います笑~
あ、そうでしたっけ?24.また、見ないといけないなぁ。
Commented by celori20 at 2008-06-02 12:32
*じょん
じょんと同じような答えの生徒がいたよ。
虎が女を食べて、しかも、虎死んじゃったから、扉は空っぽーみたいな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


アメリカ人の夫といろいろなことを乗り越えながら、ペットたちに囲まれて楽しく暮らしている日々を綴っています。


by Cero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

タグ

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル