『ひきこもりの国』 -Shutting Out the Sun-

f0112080_17255094.jpg

    なぜ日本は『失われた世代』を生んだのか。
    100万人の若者を自閉させるこの国の悲劇。
    日本の風邪が治らない本当の理由。
 

    いったい、日本に何が起きたのだろうか?
    精密に設計、構築されたさまざまな形のビジネスおよび社会関係を通じて、
    夜明け間近のアジア世紀を、
    そして世界経済のあらゆる部門を支配しようとしていたこの国は、   
    なぜ道を見失ってしまったのか。
    日本はなぜ、現在にいたるまで、自信を取り戻すことも、
    立ち直ることもできずにいるのか。
    日本のシステムのかつての長所は、いつ、どのようにして
    弱点に変わってしまったのか。
    そして、アメリカその他の豊かな先進工業国の国民は、
    このことから何を学ぶことができるだろうか。

    10数年に渡って続く異質な経済不況
『半分の日本人は本当の日本を知らない、後の半分は無視をしている』。
若者のひきこもりは 『精神病』ではなく 『社会病』。
このような『ひきこもり』の症状は、日本国でしか見られない

              著者:マイケル・ジーレンジガー
                訳 : 河野純治        光文社より
**************************

   アメリカ人のジャーナリズム、マイクが日本の実態をすっぱ抜きです。
   ちょっとだけ、『ん?どうかな?』って思うところもありましたが、
   見事な観察&調査&分析で、
   なんで多くの若者が『ひきこもる』のかがよくわかります。

   悪いのは現代の親か、教師か、政治家か、
   それとも私たちが背負い続けている、伝統や歴史なのか。

   日本を取り巻くいろんな形態が、『ひきこもり』をこんなにも
   膨れ上がらせてしまった・・・。
 
   自分は、もしくは自分の子供は、『ひきこもり』じゃないから関係ない、
   とはもはや言い切ることはできないようです。

   
   日本の大人達はこの本を読んで自国の実態と向き合い、
   この先どう行動を起こしていくのかをよく考えるべきだ、と思いました。

  『50年後、この国が消えてなくなる』 ことのないように・・・。
  
   

      
   

   
[PR]
by celori20 | 2007-08-28 16:53 | 読書 | Comments(6)
Commented by はっしー at 2007-08-29 14:36 x
ひきこもりは、やっぱり日本という社会がいけないんだろうなと思う。
競争、何をせずとも生きていけるという自由、
団体行動、いじめ、そのたもろもろ。。
日本独特の「負」の文化がひきこもりを生んでいるんでしょう。

かく言う私も、何もない日はひきこもりと化しますが。。
Commented by まさぽん at 2007-08-30 01:56 x
いじめも、ひきこもりも韓国でも問題になってるよ。よくも悪くも韓国は日本の影響をいっぱい受けてるので、日本で流行ったものとか、問題になったことって、大抵、少し遅れて韓国にも入って来るんだよね~
Commented by celori20 at 2007-08-30 03:41
*はっしー、
母国の社会や文化を『負』と言うのは悲しいけれど、それが現状だと言わざるをえないようです。原因は、かなり根深くて、事は深刻です・・・。これ、是非、読んで、ネパールに持って行って。。。(笑)
Commented by celori20 at 2007-08-30 03:47
*まさぽんさん、
日本から韓国に流れていくものはたくさんあるでしょうね。。言葉も同じものがあるくらいですもんね・・・。『ようちえん 』とか、『こーそくどーろ』とか・・・。
韓国と日本の比較もこの本の中に書いてあって、韓国では、『寂しがりや症候群』となっているそうです。そして、決定的に違うのは、韓国のさみしがりや君たちは、少なくとも家族との交流はあるそうです。でも、日本の『ひきこもり』君たちは、親との会話も断っています。完全に『自分』だけの世界だそうです。どうでしょうか。。。、ソウル調査よろしくお願いします。
Commented by takehaya at 2007-08-30 23:24 x
「ひきこもり」という形態になるのは日本の特徴だね。
欧米では成人したら家から追い出されるんだっけ?
イギリスなどのヨーロッパでも若者の就業問題が起きていて
きっと違う形態の問題が発生していると思うんだけど。
Commented by celori20 at 2007-08-31 09:59
*たけさん、
『自立』というものが国民の意識にしっかり根付いていまして、小さいときから自分の力や、自分の意識で行動するよう育てられてきているのが、欧米人です。高校卒業したら、だいたいみんな家を出ますね。大学の学費を自分で払ってる人もたくさんいます。それでいて、家族仲もいいんですよね。毎週末、実家に帰ってるアメリカ人けっこういました、イリノイの大学時代。本の中で、マイクも書いてるんですが、確かに、どこの国にも特異の社会問題があるそうですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


アメリカ人の夫といろいろなことを乗り越えながら、ペットたちに囲まれて楽しく暮らしている日々を綴っています。


by Cero

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ライフログ

最新のトラックバック

ファン

ブログジャンル